雑記

・「夫君子之行 靜以修身 儉以養德。非澹泊無以明志 非寧靜無以致遠。夫學須靜也 才須學也。非學無以廣才 非志無以成學。滔慢則不能勵精 險躁則不能治性。年與時馳 意與日去 遂成枯落 多不接世。 悲守窮廬 將復何及。」 ※諸葛亮・誡子書 

夫れ君子の行いは、静以て身を修め、倹以て徳を養う。澹泊に非ざれば以って志明らかならざる。寧静に非ざれば以って遠きを到すなし。夫れ学は須く静なるべきなり。才は須く学ぶべきなり。学に非ざれば以って才を広むるなし。志非ざれば以って学を成すなし。滔慢なれば則ち精を励ますこと能わず。険躁なれば則ち性を治むる能わず。年、時とともに馳せ、意、歳とともに去り、遂に枯落を成す。窮盧に悲しみ守るも、将復何ぞ及ばんや。

(意訳「優れた人の行いというものは心荒まずにある様に自らを修め、自らの欠点を直し、自らの足りないところを補い、慎まやかに自らを磨くものである。逸る気持ちを落ち着かせなければ、志を明らかにする事など出来よう筈もなく、自らが安らかに治まっていなければ、高遠な目的を達成する事とて叶わない。学ぼうとする意欲は静謐の中から生じるものであり、才能というものは学ぶ事から発揮されるものである。学ばなければ才能は開花せず、学ぼうとする志しが無ければ物事を悟る事も出来なくなってしまう。少しの知識を付けた程度で傲慢になっていれば勤勉勤労から遠ざかり、いつも心が険しく騒がしければ自分自身さえも見失ってしまう。齢を重ねるに連れて学ぶ意欲も無くなっていけば、次第に落ちぶれて世の中とも合わなくなってしまうだろう。そのときになって、嘆き悲しんでも遅いのだよ。」)

 

広告を非表示にする